毎年9月は、「障害者雇用支援月間」に定められており、さまざまな啓発活動が展開されています。
その活動のひとつに障害者雇用支援月間ポスターの原画(絵画・写真)募集があり、サンセリテと
サンクルールでは、写真の部に毎年、応募を行なっています。

写真の部の作品のテーマは、「障害のある方の仕事にスポットをあて、障害のある方が働いている姿を
撮影したもの」で、毎年いろいろな角度からサンセリテ・サンクルールで働く皆の姿を撮り、
応募しています。

最近では、写真の部の応募は、支援学校・就労支援機関からではなく、企業からの応募が増えてきた
そうです。今年度写真の部では、172点も応募があり、そのうち、14点が入賞となったそうです。

2007年から応募を始めて、2010年に「理事長奨励賞」を初受賞し、昨年には、ついに悲願の
「厚生労働大臣賞」を受賞しました。そして今年も「理事長奨励賞」を受賞することができ、
今年で6年連続入賞となりました!

(受賞者からのコメント)

今回入賞となった写真のタイトルは、「じゃ、この書類は処分だ」です。
サンクルールでは、封入作業だけではなく、空き缶や古紙リサイクル作業もやっています。仕分けが
終わった書類をシュレッダー処分しているメンバーの顔が真剣だったことで、私は良い写真が撮る
ことができたかなと思います。
入賞という連絡を頂いたときは、入賞するとは思っていなかったので、びっくりしました。来年も
応募し、理事長奨励賞より上を目指し、皆の働く姿を良い写真になるように撮りたいと思います。

2015.10.20②_1

2015.10.20②_2  2015.10.20②_3

これからも皆の写真を撮り続けて、来年も引き続き、写真の応募をしたいと思います。
目指せ、7年連続入賞!!