10月11日(日)に岡山市吉備中央町で、第28 回岡山吉備高原車いすふれあいロードレースが開かれ、
グロップサンセリテとサンクルールからは松永選手をはじめ、ハーフ・10km・3kmの種目に6名が参加し、
県内外1,275名の参加者とともに「スポーツの秋」を満喫しました!
グロップとグロップジョイの皆さんもランナーとして参加され、
屋台では美味しいと好評の“ふわとろ”お好み焼きとフランクフルトを販売し、
元気な笑顔で盛り上がっていました。

午前中は曇り空でしたが、徐々に晴れ始めて抜けるような青い秋空が広がり、
絶好のレース日和となりました。
もちろん、最大の注目は松永選手!車いす男子ハーフ(21.09km)に出場し、
上り坂と下り坂の繰り返しからなる起伏の激しいコースに加え、強風にも苦しみながら走り抜きました。
いかにリズムよく走り、激しいコースを乗り越えていくかを考えながら、
効率良く車輪を回して自分と戦う松永選手。
沿道の皆さんからの温かい声援を頂きながら総合2位でゴール!
更に悪条件の中で昨年よりタイムを短縮し、10月22日からの世界選手権を控えている
松永選手にとって大きな弾みとなったようです。

同じく車いす男子ハーフの部で、佐藤友祈さんも力走し、T52クラスで1位!車いす男子3kmの古市亮さんも
昨年からトレーニングを積み重ねてきた成果を見せ、T52クラスで2位でした!
本人たちにとって大きな喜びとなり、今後の励みにもなりました。
また、車いす男子10kmの部・一般男子3Kmの部の3名も多くの走者に負けぬよう
懸命に走り切りました!

カメラを片手に応援団も駆けつけました。 大会の様子をご覧下さい!
さぁ、出発!

2015.10.16_1

車いす男子3kmの古市さん。先頭でスタートです!

2015.10.16_2

一般男子3kmの沖さんと葛原さん。「行ってきます!」との笑顔。

2015.10.16_3

給水ポイントでは苦しみながらも懸命に走る姿がみえました!

2015.10.16_4

県内外からの多くの参加者!

2015.10.16_5

車いす男子10kmの高田さん。山陽新聞の表紙も飾りました!

2015.10.16_6

車いす男子ハーフの佐藤さん。スタート前にポーズ。先頭の松永選手も精神集中!

2015.10.16_7

いよいよ注目のスタートです!白バイもカッコイイ!

2015.10.16_8

先頭は渡辺勝選手!松永選手も必死に車輪を押します!

2015.10.16_9

多くの声援を頂きながら上り坂と戦います!あ、サンセリテの応援団もいました。

2015.10.16_10

一般のランナーと並んで力走し総合2位!ゴール後に車いすハーフ総合優勝の渡辺勝選手とともに。

2015.10.16_11

2位入賞した古市さんも皆さんと楽しく健闘をたたえ合いました。松永選手も試合後はリラックス。

2015.10.16_12

これが絶品の“ふわとろ”お好み焼き! 屋台の皆さんも熱気の中で、懸命に焼いていました!

2015.10.16_13

2015.10.16_14

グロップ、グロップジョイの皆さんと一緒に集合写真!
来年以降も障害者スポーツの発展を願って、応援し続けたいと思います。