本格的に寒い季節となってきましたが、休日にグロップサンセリテとサンクルールの
車いす陸上のメンバーが揃って練習しました!松永仁志選手は長野県での遠征合宿に
行っていました。

競技はすでにオフシーズンに入っていますが、来年度の大会出場に備えて、
冷たい風を切りながら元気に走りました!


先頭が「ペースメーカー」と言われる役割を持ち、縦列に並んで皆を引っ張っていきます。
後に続くメンバーはペースの感覚をつかみながら、ついていくのです。
サンクルールの指導員もハンドサイクルで参加し、ペースメーカーとして
先頭を走りましたが、「遅いですよ~!」とメンバーの1人に声を掛けられたそうです。

若い選手たちの将来が楽しみですね!

2015.12.22